車いすは介護用品の中で、外出や移動の際には最も利用されるものです。
ケアにお役立ちの介護用品

車いすについて。

  1. ケアにお役立ちの介護用品  >
  2. 車いすについて。

車いすは、介護用品の中でも積極的に使用されるものです。

外出する際に最も利用される介護用品です。

車いすは、介護用具の中でも、最も外出などの際に利用されるもので、
「介護に必要な用具」といわれた時、もっともイメージしやすいのではないでしょうか。

そのくらい、車いすは、介護するには無くてはならないものなのです。車いすは、現在様々な種類があります。

最近では、車いすの種類は、車いす利用者=介護される側の自立志向が目立ってきたのとともに、様々な種類が登場しています。

まず、普通の車いすについて書いていきましょう。
普通の車いすは、文字通り、椅子に車輪が付いたような形状をしているのですが、
基本的に、介護する側が車いすを押すためのバーには、自転車のようなブレーキレバーが付いていて、車いすをとめるのが容易な仕組みとなっています。
また、乗り心地にも気を配られており、最近のものでは、比較的座りやすいように作られているそうなのですが、
やはり、体型などの差があったりするので、基本的には凄く座りにくいという場合も少なくありません。
そういった場合には、車いすを取り扱っているショップに相談すると、何とか座り心地を改善してくれるかもしれません。

また、車いすというのは、スポーツにも使われたりします。
車いすのレースが競技として実在しているため、下半身が不自由な方も、こうした競技専用の車いすがあります。
こうした競技で、世界を目指す人も少なくありません。

ですので、車いすというのは、何もマイナスイメージのものばかりというわけではないのです。

バリアフリー化が課題

車いすというのは、最近は社会的なバリアフリー化の概念から、世間でも一定の認知がされているものです。
車いすが利用しやすい建物の作りとしたり、そうした介護などが必要となっている人がやってきたときのための専門要員を配置して、専門的な対応が出来るようにしている企業などもあります。
ですが、理解はされてきたといえど、未だバリアフリー化はまだまだ進んでいないという状況でもあります。
こうした考えが普及する前に建てられた建物などはまだまだ多いし、道路なども、まだまだそうした方にとって通行しやすい道というのは、まだまだ少ないかと考えられます。

こうしたバリアフリー化の更なる進行が待たれます。

手入れは怠らないように。

なお、車いすというのは、日々の手入れというのが大事になってきます。

車いす自体は、凄く頑丈に作られています。
ですので、長持ちしやすい介護用品の一つでもあるのですが、
やはり、一応は大事をとって、こまめに点検や手入れなどは怠らないようにしましょう。

例えば、病院などに行くと、所々壊れて、手入れがされている格好の車いすを良く見かけます。
ガムテープでぐるぐる巻きにされてるのすらあるというのは、この病院がどれだけものを大事にしているかということでもありますし、買い替えなどすると、それこそ高いお金が必要となってきます。
後々、困ったことにならないように、車椅子の手入れはずっと行っている必要があるようです。

レンタルが可能です。

車いすは、介護用品の中でも高値の部類に入るものです。
購入するときは手が出しにくい面があるのでしょうが、
介護保険制度の認定を受けている人などは、公的補助などを利用した上でのレンタルなどが可能になっています。

check

集英社
ネクサー

Last update:2016/10/31

ページ上部へ移動します。