介護保険の認定を受けた方は、介護用品のレンタルなどで、公的補助が受けられます。
ケアにお役立ちの介護用品

介護保険との関係について。

  1. ケアにお役立ちの介護用品  >
  2. 介護保険との関係について。

介護保険と介護用品の関係とは?

介護保険制度を利用して、介護用品の入手が楽になります。

「介護保険制度」という行政サービスを利用することによって、高額な介護用品の入手が、かなり楽になるのをご存知でしょうか?
このページでは、介護保険制度を利用した、介護用品の入手について書いていきたいと思います。

かいつまんで介護保険制度のご説明を

介護保険制度とは、平成12年度からスタートした制度です。
この制度の特徴というのは「介護予防」といった観点に焦点を絞っているのが特徴です。
この介護予防という観点で見た、介護の行動計画を、認定されたレベルに合わせて、立てていくということになります。

この制度は、65歳以上の方の中で、介護が必要であると認定された方を主な対象としています。
この保険加入者の区別としては、65歳以上で認定された方の事を「第一号保険者」として、40歳から65歳までの方は「第二号保険者」として区別されているという事です。

第一級保険者については、その原因などに関係なく、 介護が必要な状況となってしまった方、
第二級保険者については、年を重ねていくことに伴って発症する、各種の特定疾患などにかかり、実際に介護が必要な状況となってしまった方に対して、 この制度で定められたサービスを受けることが出来ます。

介護保険制度の申請は市町村に対して行います。そして、ケアマネージャーと呼ばれる資格を持つ介護の専門家と相談しながら、ともに介護計画を練っていくものです。

そういった計画の下で、必要になってきた介護用品の一部のものについては、その介護用品の購入金額の何割かが免除となる制度となっています。
ただ、これはケアマネージャーとの間で練られる介護に関する行動計画の範囲内のものですので、
簡単に「必要だから」と色々なものを買って、その全てが免除になることはないということです。

介護用品をレンタルor購入の具体的な流れ

介護用品をレンタルする・または購入するための主な流れをご説明しましょう。

まず、介護用品をレンタルするためには、ケアマネージャーなどとの相談が必要になります。
何故なら、これからの介護計画に沿って、その介護される人のための介護に関する補助や、支援内容などが決定され、その範囲内での介護を行うことになるからです。
例えば、オムツなどといったものに関しては、簡単なものなので、そこまでの決まりごとは無いものだとは思いますが、その他のとても高価な介護用品に関しては、この介護計画に沿って必要なものが決められ、その範囲の中で補助などがでるものですので、
勝手に介護する側が、あれやこれやと勝手に購入するとしても、その介護計画に支障が出るものであるならば、止めたほうが良いのかもしれません。
とにかく、まずはケアマネージャーに相談することとしましょう。

その上で、介護用品を取り扱う業者に相談することとなります。
こうした業者には、都道府県より「介護保険適用業者」などといった肩書きを持っています。
こうした業者は、車いすや、介護リフトなど、様々な特殊な介護用品・器材を取り扱っているので、
その多くは、高価なものとなります。
ただし、こうした器材については、介護計画の中で使用が決められた用品に関しては補助が降りる上に、アフターサービスもシッカリ行う業者ですので、安心して器材をレンタル・購入することが可能となります。

pickup

2017/6/22 更新

ページ上部へ移動します。